FC2ブログ

GVBのLSDでお勉強!

LSDが何者か少しわかったところで、
GVBのLSD装着作業で見てみましょう。

GVBは"Cusco"タイプRS 2WAY"リアLSDを装着しました。

LSDの中 LSDの中2
これが、そのLSDの中です。

GVBはサーキット走行を考えて、パワーロスを防ぐために『タイプRS』をチョイス!
右の写真をよーく見ると中にスプリングが入っているでしょ。
これが少しの力で大きな反発力になるのだ。
ほかには『タイプMZ』というのもあって、スプリングじゃなく、プレート。
トルクのかかり方がマイルドなんだって。


次に『2WAY』ってなんのこっちゃ?
このほかに、『1WAY』と『1.5WAY』なんていうタイプもある。
昨日のランサーは『1WAY』だったよね。

このコーナーリングのイラスト見て特性の違いがわかるかなぁ~?
LSDコーナー LSD.jpg 
『1WAY』は、効果があまり出てなくて自然なアプローチ。
『1.5WAY』は、効果が少しあってアンダーステア
『2WAY』は、効果が強くてアンダーステア
だから、ブレーキングでリヤをコントロールしやすすくするのは、『2WAY』 かな。


更に・・・中に厚みの違うプレートが入っているんだけど、
この厚みの組み合わせで、
オリジナリティーあるものができるんだって。
自分の走りを追求してみたいよね。

LSDプレート

今回のLSDはリア用で説明したけど、
もちろん、フロント用もありますよ。
それは、また次回ということで・・
 


スポンサーサイト



LSDのお勉強

昨日のLSDについて、続きです。
正式には、『Limited slip differential』 リミテッドスリップデフといいます。
差動制限装置なんです。
例えば、駆動輪のカタッポ側のタイヤがぬかるみに入って、
グリップを失っちゃうとタイヤが空回りして、車は動けなくなっちゃう。
この現象を防ぐために、左右の駆動軸の回転速度(差動)を制限したり、
場合によってはロックするためのメカニズムを備えた装置のことなんです。


純正装着されている車もあるけど、効果が弱いらしい。
競技をするからには"ガッツリ効いてくれないと困っちゃうんだよね。
だから、交換するってわけ。


回転感応型やトルク感応型といって、
LSDにも種類があるんだって。
でも、競技にはトルク感応型なのだ。


今回装着したのは、"Cusco"のLSDだけど、
その中でも、『タイプRS』とか、『1WAY』とか、『2WAY』とか、
とにかく奥が深いのだ。
自分の走るステージや車の特性なんかも考えないといけないし、
~っんもう! 難しいっね 
そんな時は、是非、是非、ALEXにご相談下さいませ・ませね。
ALEXには頼りになるボスやメカニックがアドバイスしてくれますから~。
Shop情報
ALEXはラリー・ダートラ・ジムカーナ・サーキット・ストリートの車輌製作やメンテナンス・パーツ販売のお店です。
プロフィール

キャサリン

Author:キャサリン
モータースポーツ大好き女子の
管理人です。
どうぞよろしくお願いします。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク